logo
Home

4分33秒 ダウンロード

音楽は音を鳴らすものという常識を覆す「無音」の音楽である。楽譜には次のように記されており、左側が原語、右側は日本語訳である。 楽章を通して休止することを表すtacetが全楽章で指示されており、演奏者は舞台に登場してからは楽章の区切りを示すこと以外は楽器とともに何もせずに過ごし、一定の時間が経過したら退場する。 3楽章から成り、用いる楽器の選択と各楽章の所要時間は演奏者の裁量に委ねられており、重奏もオーケストラ演奏も可能である。「4分33秒」というのは、初演時の合計の所要時間が通称となったものである(1952年8月にニューヨーク州ウッドストックで、ピアニストのデイヴィッド・チューダーが、第1楽章を33秒、第2楽章を2分40秒、第3楽章を1分20秒で初演した。このとき、チューダーはピアノの鍵盤の蓋を閉じることで各楽章の開始を、蓋を開けることで各楽章の終了を示した)。 なお、初演後も稀にコンサートで「演奏」され、数種類の無音のコンパクトディスクも存在するが、そのようなものと、ケージの本来の意図やケージの思想とが合致するのかどうかについては、慎重な検討を要する。この作品には、音楽のあり方に関する非常に真剣な思想的背景があり、作品の意味については当時の芸術音楽の置かれた状況を踏まえて考えなければならない。そのコンテクストから切り離してしまうと、単に話題性を企図しただけの作品であるかのように誤って受け取られる可能性がある。 「4分33秒=273秒」から本作品を「絶対零度(-273℃)=無」とする意見も散見されるが、ケージ自身の弁ではない。「無」を聴くより、演奏会場内外のさまざまな雑音、鳥の声、木々の揺れる音、会場のざわめきなどを聴くものとされている。. 次に、ジョン・ケージの「4分33秒」が評価される理由として、「音楽の圧倒的な決定力」が挙げられます。 通常、どのスタイルの音楽もそうですが、1つのスタイルが生まれたならば、その曲の後を追うようにして何曲も作曲され、そして、それをまた受け継ぐようにして作曲家生まれてきます。 しかし、「4分33秒」は、この曲に続くような曲を作曲する事は不可能で(「0分00秒」“4分33秒”の第2番は発表されている)、たった1曲で1つのスタイルを頂点にまで持っていき、そして終焉させてしまいました。 このような決定力の強い楽曲は他には無く、もしかすると、この先の将来、数百年、数千年経ったとしても、これほどの作品は世に出てこないのかも知れません。 これこそが、「4分33秒」が評価される大きな理由の1つです。. 「4分33秒」は、アメリカの作曲家である『ジョン・ケージ』が作曲し、1952年に初演された「3楽章」から成る楽曲です。 しかしながら、3楽章から成る「4分33秒」の全楽章は全て“休み”となっており、楽譜は以下のようになっています。 「TACET(タセット)」とは、音楽用語で「比較的長い間の休み」を意味しますが、それが3楽章全ての楽器の譜面に書き込まれおり、楽譜が意味するところは“休み”だけと言う事になります。 しかし、「“休み”だけ」と言っても、聴衆を前にして、指揮者は指揮台へと登り、演奏者はしっかりとステージに出て演奏姿勢へと移ります。 ところが、楽譜に書かれているのは“休み”のみですので、結局、「4分33秒」の間、全く演奏する事無く曲は終了し、指揮者と演奏者は聴衆に対して一礼し、聴衆は「4分33秒」の無音の音楽に対して拍手を送ります。 これだけ見たら、もう「お笑いのコント」のような楽曲なのですが、この「4分33秒」は世界的に見ても非常に高い評価を受けている楽曲の1つと言えます。 それはどうしてでしょう? 実は、その理由は大きく分けて2つあります。. 3分15秒で終われば、それはジョン・ケージ作曲「3分15秒」という曲名になります。 「4分33秒」は初演のときの演奏時間が4分33秒で、その曲名は、ケージの指示どおり「4分33秒」とされ、それが通称となったのです。. 4分33秒とは、アメリカの作曲家ジョン・ケージが発表した楽曲の一つ。 正式名は『沈黙の祈り手』 。 通称の『4分33秒』は初演が33秒、2分40秒、1分20秒の計4分33秒で演奏されたことに由来する。.

In this time ”ある時間”をしめす砂時計のシリーズより ジョン・ケージの楽曲「4分33秒」の砂時計です。 彼は20世紀を代表する音楽家であり、芸術家のひとり。 John 4分33秒 ダウンロード Cage (Wikipedia). 1 値を増加: 0. 4分33秒 ジョン・ケージ作曲。静寂(サイレンス)を聴く。ようつべから。生そのものであるような音楽、いわ. i tacet(第一楽章・休み) ii tacet(第二楽章・休み) iii tacet(第三楽章・休み). See full list on shoichi-yabuta.

でも、ケージ=4分33秒 と、いう風にとらえてほしくない。 やはり、人間があらたな楽器を作らなければ、{音}は変わらないと思う。 最後に、今読んでる本で、キャラクターの一人が、人間の限界を超越し{神}になる。. その中でも最近勝手に注目を寄せているのが、ジョン・ケージ作曲の『4分33秒』です。 音楽に携わっている方であれば、既にご存知かもしれませんが、 今回は、私は演奏したことはありませんが、「4分33秒」についてちょこっと雑談をお送りします♪. .

ジョン・ケージの無音の音楽「4分33秒」をデペッシュ・モード、ニュー・オーダー、モービーらがプレイ。Mute Recordsは、同レーベルの歴代所属アーティスト達が同曲をプレイする映像をまとめたボックスセットを5月発売。. ちなみになぜ4分33秒かというと、秒数で273秒。 4分33秒 ダウンロード 273という数字は、この宇宙で一番低い温度ー273度をイメージし、 すべてが静となる世界(=無音)をイメージしているのだとか。. 4分33秒という時間、演奏者たちと聴衆が唯一共に奏でる事ができる曲なのです。 著作権はあるのか!! 出典:jasrac. 1950年代初頭にケージが創始した偶然性の音楽、不確定性の音楽の最も極端な例である。偶然性の音楽には鈴木大拙の禅などの東洋思想の影響があり「音を音自身として解放する」「結果をあるがままに受け入れる」という姿勢がある。 1940年代末のある日にハーバード大学の無響室を訪れ、「無音」を聴こうとして無響室に入ったが「二つの音を聴いた。一つは高く、一つは低かった。エンジニアにそのことを話すと彼は、高いほうは神経系が働いている音で、低いほうは血液が流れている音。」だとのちに語った。無音を体験しようとして入った場所でなお、音を聴いたことに「私が死ぬまで音があるだろう。それらの音は私の死後も続くだろう。だから音楽の将来を恐れる必要はない」と強い印象を受けて「無音の不可能性」をみたという認識が、後の『4分33秒』へ彼を導いた。 1948年の『作曲家の告白』の中で、次のような欲望を記している。「絶え間ない沈黙の曲を書き、それをミューザック株式会社に売るのだ。その曲は4分半の長さ -- それがレコード音楽の標準の長さだからだ -- にして、曲名はSilent Prayerにする。曲は、花の色や形や香りと同じくらい魅力的に作るつもりのアイデアとともに始まる。終わりは感知できないくらい徐々に近づくのだ」ミューザックはアメリカで初めてBGMの販売を行った会社である。空間を音で満たしている会社に無音の曲を売ろうということである。 本楽曲の別の影響源として、視覚芸術の分野の活動も言及されている。友人で同志でもあった画家のロバート・ラウシェンバーグは「白い絵」のシリーズを制作していた。何も描いていないキャンバスだが、キャンバスが掛けられた部屋の照明と室内の人物の影などにより変化するキャンバス表面の表情を作品としたものである。ケージは同じアイデアを使うことを思いつき、「無音」を「空白のキャンバス」として使い毎回の「演奏」をとりまく環境音の流転をそこに反映させようとした。 ケージは本作品が気に入る点として、演奏はいつでもできるのに、それは演奏されたときにしか生き始めないこと、をあげている。. 1kHz / 24bit対応です). 当然と言えば当然ですが、「複雑」の反対は「単純」です。 凄く複雑な音楽を作る流れが主流になると、全く反対の考えが生まれ始め、そして、その考えを提唱する作曲家達が登場してくるようになります。 その“反対の流れ”の頂点にくるのが、ジョン・ケージの「4分33秒」です。 「“4分33秒”は果たして音楽と呼べるのか?」、それとも「音が鳴らない以上は音楽では無いのではないか?」、はたまた、「“4分33秒”は好きか?」、それとも「“4分33秒”は嫌いか?」など、色々な考え方があるとは思いますが、そんな事をいくら議論しても全く意味はありません。 それは、“4分33秒”を語る上で一番大切な事は、この曲の持っている「新しい概念」にこそ価値があるためです。 現代音楽と持っている特性の1つに「新しい概念の創造」と言うものがあるのですが、例えば、「これまで価値が無いと考えられていたものに対して価値がある事」を証明できたり、「既に有る価値観に対して大きな変化」を与える事が、それに当たります。 芸術と言うのは、常にそうした「価値の証明」や「価値の変化」が起こった時に新しい作品は生まれてきました。 つまり、ジョ. 表題に書いた2つのワードは曲名である。アメリカの作曲家、ジョン・ケージが作曲した、偉大な問題作である。とくに有名なのは「4分33秒」であるが、内容は通して無音(tacet)であり、奏者はステージに上がり演奏体制に入るが、その後何もせずお辞儀をしてステージを去る、という異様な曲. 私が作っている「現代音楽」と呼ばれる音楽には、「4分33秒」のように「説明や解説無しでは全く理解できない音楽」があります。 そのため、「良い音楽に対して説明をする必要なんて無い」と言う“現代音楽の形”に対して否定的な意見も数多く有り、私はその考えについて、現代音楽作曲家ではありますが、その考えも「正しい」と思っています。 4分33秒 ダウンロード しかし、例えばスポーツが、「ルールを知っていなければ楽しめない」のと同じように、現代音楽の世界でも「楽曲のルール(聴き方)」を知って楽しめるものが有っても良いようにも思っています。 ジョン・ケージの「4分33秒」のように、もしも、説明無しには全く理解できなかった曲が、説明を受ける事で理解でき楽しめる事ができたなら、音楽が、聴き手が持つ“人生的価値観”に対しても大きな影響を与える瞬間になるかも知れません。 また、ジョン・ケージは、「無音(音の無い世界)」の音を聴くためにハーバード大学の無響室に入り、その中で、「“自分の神経系が働いている音”と“自分の血液が流れている音”を聴いた」と記しています。 そして以下のような言葉を残しています。 こんな偉大な方の音楽である「4分33秒」が評価されないはずはないですよね。.

01 値を増加: 0. . この『4分33秒』、音楽とは何か? に挑戦した珍曲として知られ、3つの楽章からなるものの、 楽章を通して休止することを表すtacetが全楽章で指示されており、演奏者は舞台に出場してから楽章の区切りを示すこと以外は楽器とともに何もせずに過ごし.

《4分33秒》ジョン・ケージ 4&39;33", John Cage ジョン・ケージ(1912-92)が1952年に作曲したこの曲は、同年8月29日、ニューヨーク州ウッドストックの野外舞台にてデヴィッド・チュードアによって初演された。. See full list on weblio. ジョン・ケージの「4分33秒」のレコード(CD)はありますか? そんな粋狂なものは無いですかね。やはり。レコードは「景色を台無しにしてしまう絵葉書」だから・・・ これは、ライブだからこそ意味のあるものだと思います。自分はまだ、「4分33秒」の「演奏」を「聴いた」ことはないの.

ひとり語りの練習場。 1タップで簡単! 誰でもできる音声配信アプリ. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 4分33秒の用語解説 - アメリカの作曲家ジョン・ケージが,1952年に書いた作品で,舞台上の演奏者が4分 33秒間,何も演奏しないというもの。楽器の指定はないが,初演はピアニストのデビッド・テューダーが行なった。ふだんは気に止めない演奏中の雑音. MUTEレーベル設立40周年企画のメイン・プロジェクト詳細発表!ジョン・ケージの歴史的作品「4分33秒」を独自解釈した全58曲収録の『STUMM433』を 10/4 に発売!ニュー・オーダー、デペッシュ・モードなどMUTE関連アーティストが参加。MUTE創始者のダニエル・ミラー伝説のソロ・プロジェクト、ザ. また、4分33秒という演奏時間も記譜上においては指定されていないが、初演を含め殆どの場合、3楽章合計4分33秒で演奏されている。(「4分33秒」とされた経緯については諸説有り。) たまに「演奏行為は行っていないが、なんらかの変化をともなう行為を. 「nakano sound」では、フリーBGM・無料音楽素材を提供しております。無料でダウンロードしていただき、ご利用いただけます。.

zip のダウンロードを続けるには「ダウンロード」ボタンを押下してください。 ダウンロードが開始されます。. そもそも“4分33秒”のような、自分が音を出す側でもなく、受け取る側でもなく、ただ「あるがまま」という感覚は、音楽を真面目にやっている. 実は4分33秒よりも以前に、無音の音楽は存在している。 たとえば、イタリアの作曲家の マルコ・ファロッシ は、 音符や休符を使い楽譜に顔などを描くシリーズの作品 を制作しており、その中に休符のみの無音の音楽が存在する。. 「4分33秒」とはどんな音楽なのでしょうか? 「4分33秒」はジョン・ケージの作品 「4分33秒」は、アメリカの作曲家「ジョン・ケージ()」が作曲しました。 音楽史上では 現代音楽の作曲家 として分類されています。. . 3分34秒(4分33秒×阪神タイガース) 音楽 4分33秒は、ジョン・ケージが1952年に作曲した曲の通称。この曲は、音楽は音を鳴らすものという常識.